えちごのてつどうしゃしん
 
新潟県中越・長岡周辺の鉄道写真ブログ。写真をクリックすると1200×900くらいのサイズの画像が開く極悪仕様です。
 



Show by Sep/15/2011

只見線 421D キハ40 579(単行運転)

2011.8.13 柿ノ木-入広瀬
水害の影響で部分運休が続く只見線だが、お盆を前に新潟県側の小出~大白川間が運転再開。
通常ならば必ず2連で走っていた(福島県側の通学列車では3~4連がある)が、なんと1両編成での運行となっている。

これから先、落ち葉や雪の季節になれば1両での走行は厳しくなるだろうと容易に想像できるので期間限定の措置とは思うが、利用客の数から見れば正直、キハ40の単行であっても輸送力は過剰と言わざるを得ないのが寂しい。

大白川から只見・会津へと向かう六十里峠の区間はまだ再開できていない。
只見より先の区間の惨状は各種報道が伝える通り。
過酷な自然環境と常に隣り合わせにある只見線。完全復旧までの道のりは遠そうだ。

破間川の淵を縫って走る421D小出行、キハ40 579。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村



Aug.15.2011(Mon)12:18 | Trackback(0) | Comment(0) | 只見線 | Admin


(1/1page)