えちごのてつどうしゃしん
 
新潟県中越・長岡周辺の鉄道写真ブログ。写真をクリックすると1200×900くらいのサイズの画像が開く極悪仕様です。
 



只見線用気動車回送 キハ40 502 長岡

2012.11.15 長岡
タイムカプセル開封の記念行事の日、3番線に停車していた只見線用の気動車。
キハ40 502とキハ40 549の2連だった。

只見線は今も水害の影響で只見~会津川口間が不通であり、小出口の車両は長岡か新津で整備を受ける必要があるため毎日走っている回送列車なのだが、今年3月より続いてきた新津(只見)寄りに東北色・小出寄りに新潟色という法則が崩れ、なおかつ新津車はキハ47原型車ではなくキハ40冷房車。

実は只見線ではこの撮影の数日前、12日朝に空転事故が発生しており、車輪・レール双方に傷が付き以後一部列車の運休が続くという状況に陥っていた。
もともと苦しい車両のやり繰りの中で、いろいろとイレギュラーも出てきているようだ。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村



Nov.28.2012(Wed)22:41 | Trackback(0) | Comment(2) | その他の気動車列車 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
Comment

 1: いつも拝見させております。

あの空転事故は新津車に砂まき装置がないために起こってしまったみたいですね。
レールは交換し、車輪は踏面添削を長岡で行ったと聞いております。

運転手の腕も関係あるみたいですね。


 by イッシー | Nov.29.2012(Thu)22:47

 2: Re: いつも拝見させております。

コメントありがとうございます。
なるほど砂撒き巻の有無ですか。
ニュース記事等を読みますと滑空したまま数百メートル進んだ(滑った?)とか。勾配途中で止まりたくないのも分かりますが、どうかと思ってしまいますね。
長岡の機関庫横で普段見ない車両を見かけたりしますが、あれも車輪削りですね。


 by D派(管理人) | HP | Dec.1.2012(Sat)00:23


(1/1page)